こちゃえ節(読み)コチャエブシ

デジタル大辞泉の解説

こちゃえ‐ぶし【こちゃえ節】

天保(1830~1844)のころに流行した俗謡。甲斐の盆踊り歌が江戸にはいったものという。各節の終わりに「コチャエ、コチャエ」の囃子詞(はやしことば)がつく。はねだ節。→お江戸日本橋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こちゃえぶし【こちゃえ節】

天保年間(1830~1844)に江戸を中心に流行したはやり唄。甲府近辺の盆踊り唄が江戸に伝えられ、「こちやかまやせぬ」という囃子詞が加わったもの。はねだ節。 → お江戸日本橋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こちゃえ‐ぶし【こちゃえ節】

〘名〙 江戸末期に流行した俗謡を、明治初年に、東海道五十三次を江戸の日本橋から出発する旅の唄に改めたもので、各節の終わりが「こちゃえ こちゃえ」の囃子詞(はやしことば)で終わるところからの名称。また、曲の初めの文句「お江戸日本橋」をそのまま曲名にしている。江戸時代の元唄は、「お前待ち待ち蚊帳(かや)の外〈略〉こちゃ構やせぬ。こちゃ構やせぬ」であった。羽田節。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android