コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お江戸日本橋 オエドニホンバシ

デジタル大辞泉の解説

おえどにほんばし【お江戸日本橋】

俗謡。江戸日本橋から京都までの東海道五十三次を歌い込んだもの。「こちゃえ節」の替え歌で、天保(1830~1844)のころから明治にかけて流行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

お江戸日本橋

柴田錬三郎の長編時代小説。1964年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

おえどにほんばし【お江戸日本橋】

俗謡。「こちゃえ節」の替え歌。江戸、日本橋を振り出しに東海道五十三次を歌い込んだもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お江戸日本橋
おえどにほんばし

俗謡。曲名は「お江戸日本橋七つ立ち」という東海道五十三次を歌った歌詞の歌い出しからとられた。1872年(明治5)ごろ流行したもので、全18節、品川、川崎、箱根など終点までの風俗を詠み込んでいる。オペラ『蝶々(ちょうちょう)夫人』にも取り入れられ、世界的に知られているメロディの原調は、江戸中期ごろ甲斐(かい)国(山梨県)の富士川沿岸で歌われていた盆踊り唄(うた)。それが箱根周辺の『はねだ節』となり、さらに「お前待ち待ち蚊帳(かや)の外、蚊に食われ、七つの鐘が鳴るまでも、コチャかまやせぬかませやぬ、コチャエ、コチャエ」の『コチャエ節』となり、その替え歌として全国的に流行した。[小川乃倫子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

お江戸日本橋の関連キーワード小金井 芦洲(6代目)発車メロディ寄席(よせ)柴田錬三郎鈴木八千代初上り

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

お江戸日本橋の関連情報