コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こほこほ コホコホ

デジタル大辞泉の解説

こほ‐こほ

[副]《清濁については未詳》雷が鳴ったり物をたたいたり、また、咳(せき)をしたときなどの音を表す語。
「舷(ふなばた)を―と打ちたたく音に」〈かげろふ・中〉
「―と、鳴る神よりもおどろおどろしく、踏みとどろかす唐臼の音も枕上とおぼゆる」〈・夕顔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こほこほ

( 副 )
雷や太鼓の音、物のぶつかる音、咳せきの音など、さまざまな音を表す語。 「腹-と鳴れば/落窪 2」 「神(=雷)-と鳴りけり/蜻蛉 」 「例の鼓にも似ぬ音して-とぞ鳴らしゆくめる/栄花 御裳着」 〔古くは清濁については不明。あるいは、音の種類によって清濁を異にするか〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こほこほの関連キーワード清濁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android