枕上(読み)チンジョウ

デジタル大辞泉 「枕上」の意味・読み・例文・類語

ちん‐じょう〔‐ジヤウ〕【枕上】

寝ている人のまくらのそば。まくらもと。枕頭
寝床にいること。
「やっと床につく多くの人には―は眠る事が第一義である」〈寅彦路傍の草〉

まくら‐がみ【枕上】

枕元」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「枕上」の意味・読み・例文・類語

ちん‐じょう‥ジャウ【枕上】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 寝ている人の頭の周辺。枕頭。枕許。まくらがみ。
    1. [初出の実例]「片時枕上夢中意、幾度往還塞外途」(出典:文華秀麗集(818)中・奉和春閨怨〈巨勢識人〉)
  3. 頭を枕にのせている状態。床についていること。
    1. [初出の実例]「以上は僅かに病中のつれづれ、手にまかせてさぐりたる書につき〈略〉あたらざるふしぶしは枕上(チンジャウ)饒舌と御見ゆるし被下度候」(出典:落梅集(1901)〈島崎藤村七曜のすさび・月曜日の手紙)
    2. [その他の文献]〔岑参‐春夢詩〕

枕上の補助注記

「ちん」は「枕」の慣用音で、正音は「しん」。「文明本節用集」には「枕上 シンシャウ」とある。


まくら‐がみ【枕上】

  1. 〘 名詞 〙 寝ている人の枕の辺。枕もと。
    1. [初出の実例]「琴はひきはて給へれば、ふくろに入て宮の御まくらがみに御はかし添へて置きつ」(出典:宇津保物語(970‐999頃)蔵開上)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「枕上」の読み・字形・画数・意味

【枕上】ちんじよう(じやう)

枕べ。唐・岑参春夢〕詩 枕上片時、春の中 行き盡す、江南數千里

字通「枕」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

再生可能エネルギー

自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生され、半永久的に供給され、継続して利用できるエネルギー。有限の資源である化石燃料などに代わる、新エネルギー(中小規模水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・...

再生可能エネルギーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android