唐臼(読み)からうす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐臼
からうす

てこの原理を応用した足踏み式の。臼とを取付けた棹木から成り,支点をはさんで棹木の一方の端を踏んで用いる。日本では平安時代文献にすでに現れているが,一般に普及したのは江戸時代になってからで,初め米屋などで米の精白に用いられていたものがのちに農家にも広まり,籾ずりなどにも用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

から‐うす【唐臼/×碓】

地面を掘って臼を据え、杵(きね)の一端を足で踏んで穀類などをつく仕掛けのもの。ふみうす。
(「殻臼」とも書く)稲などのもみがらを落とすための農具。上臼と下臼からなる。

とう‐うす〔タウ‐〕【唐臼】

磨(す)り臼(うす)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

食器・調理器具がわかる辞典の解説

からうす【唐臼/碓】

➀地面を掘ったところに臼を据え、杵(きね)の柄を足で踏み、てこの原理を応用して穀類などをつく仕掛けのもの。
(す)り臼の一種。上臼と下臼をすり合わせ、稲などのもみがらを落とすもの。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かる‐うす【唐臼】

〘名〙 「からうす(唐臼)」の変化した語。
※万葉(8C後)一六・三八一七「可流羽須(カルウス)は田廬(たぶせ)のもとにわが背子はにふぶに咲みて立ちませり見ゆ」

とう‐うす タウ‥【唐臼】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の唐臼の言及

【臼】より

…すでに平安時代ころから存在したようであるが,広く普及するのは大坂,江戸など都市部で精白が専業化した17世紀初めころである。中国からの輸入技術なので〈唐臼(からうす)〉と呼んだ。この場合の臼は,木製と石製とがあった。…

※「唐臼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐臼の関連情報