コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐臼 からうす

5件 の用語解説(唐臼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐臼
からうす

てこの原理を応用した足踏み式の臼。臼と杵を取付けた棹木から成り,支点をはさんで棹木の一方の端を踏んで用いる。日本では平安時代の文献にすでに現れているが,一般に普及したのは江戸時代になってからで,初め米屋などで米の精白に用いられていたものがのちに農家にも広まり,籾ずりなどにも用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

から‐うす【唐臼/×碓】

地面を掘って臼を据え、杵(きね)の一端を足で踏んで穀類などをつく仕掛けのもの。ふみうす。
(「殻臼」とも書く)稲などのもみがらを落とすための農具。上臼と下臼からなる。

とう‐うす〔タウ‐〕【唐臼】

磨(す)り臼(うす)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とううす【唐臼】

り臼うす

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

からうす【唐臼/碓】

➀地面を掘ったところに臼を据え、杵(きね)の柄を足で踏み、てこの原理を応用して穀類などをつく仕掛けのもの。
➁磨(す)り臼の一種。上臼と下臼をすり合わせ、稲などのもみがらを落とすもの。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の唐臼の言及

【臼】より

…すでに平安時代ころから存在したようであるが,広く普及するのは大坂,江戸など都市部で精白が専業化した17世紀初めころである。中国からの輸入技術なので〈唐臼(からうす)〉と呼んだ。この場合の臼は,木製と石製とがあった。…

※「唐臼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唐臼の関連キーワードジャイロ計器数理言語学輪軸足踏み板臼と杵達磨糸力点足踏みミシン応用花返報性の原理

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唐臼の関連情報