コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さ寝 サヌ

デジタル大辞泉の解説

さ・ぬ【さ寝】

[動ナ下二]寝る。特に、男女が共寝する。
「―・ねむとは吾(あれ)は思へど」〈・中・歌謡

さ‐ね【さ寝】

《動詞「さぬ」の連用形から》寝ること。特に、男女が共寝すること。
「まかなしみ―に我(わ)は行く鎌倉の水無瀬川(みなのせがは)に潮満つなむか」〈・三三六六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さぬ【さ寝】

( 動下二 )
〔「さ」は接頭語〕
寝る。共寝する。 「白たへの翼はねさし交へて打ち払ひ-・ぬとふものを/万葉集 3625

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

さ寝の関連キーワード刈り菰・刈り薦・苅り菰・苅り薦おもな枕詞とかかり方刈り菰の・苅り菰の昨夜・昨日年の渡り差し交ふ根白高萱接頭語かもよ玉櫛笥宮簀媛印南野吾・我万葉集若かへ刈り菰真日射ゆなに子ろ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さ寝の関連情報