コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水無瀬川 ミナセガワ

デジタル大辞泉の解説

みなせ‐がわ〔‐がは〕【水無瀬川】

大阪府北東部、三島郡島本町を流れ、淀川に合流する川。[歌枕]
「見わたせば山もとかすむ―夕べは秋となに思ひけむ」〈新古今・春上〉

みなせ‐がわ〔‐がは〕【水無瀬川】

[名]水のない川。また、川床だけあって水が地下を流れている川。みなしがわ。
「うらぶれて物は思はじ―ありても水は行くといふものを」〈・二八一七〉
[枕]地下を流れる川の意から、「下」にかかる。
「恋にもそ人は死にする―下ゆ我(あれ)痩(や)す月に日に異(け)に」〈・五九八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みなせがわ【水無瀬川】

( 名 )
水の流れていない川。みなしがわ。 「うらぶれて物は思はじ-/万葉集 2817
( 枕詞 )
水が川底の下を流れることから、「下ゆ」にかかる。 「恋にもそ人は死にする-下ゆ我あれす/万葉集 598

みなせがわ【水無瀬川】

大阪府島本町を流れ、淀川に注ぐ川。惟喬これたか親王の離宮、後鳥羽上皇の離宮水無瀬殿のあった地。⦅歌枕⦆ 「見渡せば山もと霞む-夕べは秋と何思ひけむ/新古今 春上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水無瀬川の関連キーワード水無瀬三吟百韻水無瀬万葉集地下なむさ寝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水無瀬川の関連情報