コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しし(獅子)座流星群 ししざりゅうせいぐん

1件 の用語解説(しし(獅子)座流星群の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

しし(獅子)座流星群【ししざりゅうせいぐん】

しし座γ星付近を放射点として毎年11月中旬に出現する流星群。約33年ごとに大流星雨が起こる。特に1799年,1833年,1866年のものが有名で,1833年には1時間約20万個の流星雨が数時間続いたという。
→関連項目しし(獅子)座

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

しし(獅子)座流星群の関連キーワード制動放射放射能音無川学士院賞γ星獅子座流星群放射性核種放射性崩壊毎年ちちり星

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone