しっぽ(読み)シッポ

デジタル大辞泉の解説

しっぽ

[副]
十分ぬれるさま。しっとり。
「―とやぬれかけ道者北時雨/余淋」〈貝おほひ
情がこもって、しめやかなさま。しっぽり。
「二人―と臥し給ふ台子(だいす)の間の高遣戸(たかやりど)」〈浄・用明天王

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のしっぽの言及

【尾】より

…動物体の後部で細長く伸びた部域をいい,しっぽともいう。動物以外のものでも似たような形をしたものを比喩的に尾ということがある。…

※「しっぽ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しっぽの関連情報