しまね きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

しまね きよし

1931-1987 昭和時代後期の思想史家。
昭和6年2月11日生まれ。高校教諭のかたわら,思想の科学研究会にはいり,「共同研究・転向」の執筆に参加。昭和40年から3年間「思想の科学」編集長。転向を視点として近代日本の社会主義思想史の研究をつづけた。昭和62年7月12日死去。56歳。千葉県出身。東京外大卒。本名は嶋根清。著作に「民権思想と転向」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

20世紀日本人名事典の解説

しまね きよし
シマネ キヨシ

昭和期の評論家



生年
昭和6(1931)年2月11日

没年
昭和62(1987)年7月12日

出生地
千葉県松戸市

本名
嶋根 清(シマネ キヨシ)

学歴〔年〕
東京外国語学校(現・東京外国語大学)仏語科〔昭和26年〕卒

経歴
昭和26年取手一高教諭となる。かたわら、思想の科学研究会会員となり、日本政治思想史を研究。転向研究グループに属し、「共同研究 転向」の筆者に加わる。39年高校を退職、評論活動に専念。同年4月「思想の科学」編集長となり、運動史、転向史研究を手がけた。著書は「民権思想と転向」「転向―明治維新と幕臣」「もうひとつの日本共産党」「日本共産党スパイ史」「評伝 福本和夫」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android