コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しめ(注連)縄 しめなわ

1件 の用語解説(しめ(注連)縄の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

しめ(注連)縄【しめなわ】

占有を標示する意で標縄とも,一定の間隔で藁(わら)を7本,5本,3本とたれるので七五三縄とも書く。神前や新年の門戸など神聖清浄な区域を示す縄張りをいう。新藁を左ないして,前垂注連,大根(おおね)注連,牛蒡(ごぼう)注連,鼓の胴,輪飾などの形に作る。
→関連項目地鎮祭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

しめ(注連)縄の関連キーワード帯筋吃逆碁盤条播破線標示ピンタック榜木噦り踏石