コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しめ(注連)縄 しめなわ

百科事典マイペディアの解説

しめ(注連)縄【しめなわ】

占有を標示する意で標縄とも,一定の間隔で藁(わら)を7本,5本,3本とたれるので七五三縄とも書く。神前や新年の門戸など神聖清浄な区域を示す縄張りをいう。新藁を左ないして,前垂注連,大根(おおね)注連,牛蒡(ごぼう)注連,鼓の胴,輪飾などの形に作る。
→関連項目地鎮祭

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android