コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄〔繩〕 ジョウ

デジタル大辞泉の解説

じょう【縄〔繩〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジョウ(呉) [訓]なわ
〈ジョウ〉
なわ。「縄文結縄捕縄
大工道具の一。すみなわ。また、正しさの規準。「縄尺準縄
〈なわ〉「腰縄泥縄
[名のり]ただ・つぐ・つな・なお・のり・まさ

なわ〔なは〕【縄】

麻・わらなどの植物繊維や化学繊維をより合わせて作った、細長いひも。物を縛ったりつないだりするのに用いる。「をなう」
罪人を縛るための縄。捕縄(ほじょう)。とりなわ。
田畑の面積を間縄(けんなわ)で測ること。また、それに用いるもの。縄入れ。
綱(つな)[用法]
[下接語]麻縄荒縄鵜(う)縄鉤(かぎ)縄掛け縄飾り縄口取り縄口縄朽ち縄首縄化粧縄間(けん)縄極楽縄腰縄下げ縄差し縄緡(さし)縄三寸縄渋縄注連(しめ)縄棕櫚(しゅろ)縄墨縄高縄手(た)縄釣り縄手縄・胴縄・年縄捕り縄泥縄投げ縄鳴子縄荷縄延(はえ)縄早縄引き縄左縄一筋縄火縄振り縄水(みず)縄水(み)縄黐(もち)縄櫓(ろ)縄藁(わら)縄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

縄【なわ】

藁(わら),アサ,シュロの毛など植物繊維をよって細長くしたもの。荷造,運搬等に使用。〈なわない〉として古くから手で作られてきたが明治中期ごろから機械化。現在は化学繊維が使用されている。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なわ【縄】

植物の茎や繊維などを撚りあわせて細長くしたもので,(ひも)よりも太く,より細いものを漠然と縄と呼ぶ。外国では動物性のものもあるが,日本では古くから稲わらがその材料とされ,農家の夜なべ仕事の大半は,このわら縄を綯(な)う作業であった。伝統的な材料には,このほか麻があるが,特殊なものとしてはスギ,サワラシナノキニレ,フジなどの樹皮などが用いられ,麻,シュロ,ヒノキなどで作った縄は丈夫なうえ,水に強いとして,つるべ縄や錨(いかり)の縄に使用された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なわ【縄】

植物の繊維や茎をより合わせて細長く作ったもの。普通、綱よりは細く、ひもよりは太いものをいう。材料は多くは稲藁いなわら。シュロやアサのものは丈夫で水に強い。物を縛るときやつなぐときなどに用いる。 「 -を綯う」 「 -でゆわえる」
とりなわ。捕縄ほじよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


なわ

有機質の繊維を撚(よ)ったロープ。複数の縄を撚り合わせた製品を綱(つな)とよぶことがある。紐(ひも)は直径8ミリ以下の縄をさすこともあるが、衣料素材を用いた帯状の小索をさすことも多い。日本では縄が荷造り用の藁(わら)縄を意味することが多かった。藁縄は藁加工品中の最多量産品で、伝統的には農間余業として夜間、農閑期(冬期)に他の藁加工品とともにつくって自給した。藁縄の初綯(な)いが正月行事の一つだった所もあった。帯、襷(たすき)、履き物の緒、井戸のつるべ、たわし、椅子(いす)、のれんおよび簾(すだれ)(本来は扉の代用)、馬具部分、塗り壁に混ぜる補強材などにそのまま用い、編んで籠(かご)(とった魚を入れ水に沈める魚籃(びく)など)、袋(背負い袋など)、網(屋根の保護用など)などに広く利用した。製造機械化の試みが20世紀初めから始まり、1950年代には荒縄をつくる縄ない機と精縄をつくる縄仕上げ機が考案され、日本農林規格(JAS(ジャス))を設けて小工場で生産したが、1960年代以降、石油化学製品の紐、縄類にとってかわられ、樹林越冬用を除き関連用途も廃絶した。藁縄以外では、じょうぶなつくりの捕縄用の縄(刑罰の意にも用いた)、土地測量用の縄(検地の意にも用いた。縄張りの語源)、注連(しめ)縄(左撚り。東アジア北半に広く分布)、漁労用の縄(延(はえ)縄。内水面ではウナギ漁用)、銃の火縄(カバ、ネズコ製)、土器の文様をつける縄などが重要であった。
 世界の諸民族の縄の材料には植物質が多いが、植生の乏しい草原、砂漠、氷雪地帯では哺乳(ほにゅう)動物の皮などを原料とすることが多かった。栽培植物では各種のアサがもっとも有力で、ワタ、シュロなどの栽培植物のほかに樹皮などを採集して用いた。右撚り(S撚り。両手に材料を挟み右手がつねに前に出るようにもんでなう)と左撚り(Z撚り)の二つがあり、つなげるのには、結ぶのと、ほどいて繊維を撚り合わせる方法の二つがある。つるす、つなげる、動力を伝えるなどが一般的用途で、とくに衣料や住居の部分、運搬用具部分、狩猟または漁労用の網や罠(わな)、狩猟具または武器の投げ縄、莚(むしろ)や袋類の材料などの利用例が多い。特殊な用途には、ゲームと歌の発達した縄とびの縄、長さ・結び目の数などを文字代用とした結縄(けつじょう)(沖縄、古代インカ)、手品(縄切り、縄抜け)用の縄などがある。[佐々木明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の縄〔繩〕の言及

【ひも(紐)】より

…つる,樹皮,皮革,毛,布,糸,紙などを材料としてつくり,製作方法の相違によって組紐,織紐,編紐,裁(たち)紐,絎(くけ)紐,束(たば)ね紐などに分けられる。このほかにこよりも広義の紐の中に含められる。これらは縒(よ)る,組む,織る,編むという基本的な技法のいずれかでつくられる。…

【ロープ】より

…細い繊維を集めて左撚り(より)をかけて単糸(ヤーン)にし,これを数本ないし数十本集めて右撚りをかけて子縄(ストランド)にし,ストランドを三つ,四つ,または八つ撚り合わせるかまたは組むことによって作った長い繊維索。綱,縄,ひも(紐)はだいたいの大きさで繊維索を分別したもので,狭義にロープは綱をさす。…

※「縄〔繩〕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

縄〔繩〕の関連キーワード差し縄・指し縄・差縄・指縄蛇に噛まれて朽縄に怖じる禍福は糾える縄の如しKenya bagはえなわ(延縄)縄跳び・縄飛び自由選択ツール掛け縄・掛縄菱結い・菱結引き縄・引縄パホエホエフゥシェン銭差・銭緡縄を掛けるはえ縄漁業縄を打つ飯縄権現縄入れ縄跳び縄とび

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android