コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しめじめ シメジメ

2件 の用語解説(しめじめの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しめ‐じめ

[副]
しっとりとぬれるさま。
「しぐれつつうつろふ見れば菊の花色を―降る雨にぞ有りける」〈源順集
もの静かに沈んでいるさま。しんみり。
「―と物語聞え給ふ」〈・総角〉
静かに心を打ち込んでいるさま。
「此の侍従の君を年ごろ―と懸想しけれどもつれなかりけり」〈十訓抄・一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しめじめ

( 副 )
湿りうるおうさま。しっとり濡れるさま。 「雨-とめでたく降りて/愚管 6
浮き立ったところや騒がしい感じがないさま。心に深くしみこむさま。しめやか。 「 -として琴の音ばかりぞなほ聞ゆるを/狭衣 2

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しめじめの関連情報