しんめい粥(読み)しんめいがゆ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しんめい粥
しんめいがゆ

広島県の郷土料理で一名「餅(もち)の粥」ともいう。関東では1月15日に小豆(あずき)入りの粥をつくるが、それと同様のものである。この地方では正月飾りを1月14日に焼くが、これを「しんめい」または「どんど」という。このとき飾り餅一重ねを焼き、それを加えた粥をつくる。これがしんめい粥である。厳密な規格はないが、作り方の一例をあげると、米1.5カップに水2リットルを加えて煮立てる。そこへホウレンソウとかまぼこ(いちょう切り)、油揚げ(せん切り)を加え、次に適当な大きさの餅を加える。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android