じょうご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

じょうご
じょうご

液体などを瓶や口の狭い容器に移したり、液体に混入している固形物を漉(こ)し分けたりする道具。漏斗(ろうと)ともいう。らっぱ型(朝顔型)の上部が広く開いて下部が細くなり、下には細い筒がついている。液体や、固形物でも細かい粒状のもの(たとえばアワ粒)などは、こぼさずに手早く移しかえることができるとともに、油などでは、汚れを漉しながら別の容器に移すこともできる。種類は、台所用のアルミニウム、ステンレス、プラスチック製のものから、化学実験用のガラス製のものがある。なお、化学実験用の多くは濾紙(ろし)を敷いて沈殿物などの濾過に用いられる。[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のじょうごの言及

【坑道】より

…各所の切羽(採掘場)で採掘された鉱石は,鉱井(鉱石を落とし込む小立坑。坑井とも書く)やじょうご(採掘切羽に設けられる鉱石の抜出し口)で集められ,鉱車に積まれ,列車に編成され基幹坑道へ集まってくる。大量の鉱石輸送を,中央集中運転システムでコントロールするところさえある。…

※「じょうご」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じょうごの関連情報