コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じ状岩 じじょうがん oölitic rock

2件 の用語解説(じ状岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

じ状岩
じじょうがん
oölitic rock

径が 0.3~2mmぐらいの魚の卵に似た粒子の集合した岩石。石灰岩の場合が多い。貝や石英の破片のまわりに石灰石が沈殿したもの。魚卵状粒子はウーライトといい,現在でも強い海流のある,ごく浅い暖海で形成されるところがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ状岩の関連キーワード往来の巻物雑魚の魚交じり縞鯛卵に目鼻佞言は忠に似たりアワーグラスライン似たり白身の魚マイクロペレットイド玉筋魚の卵綴じ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone