コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すき床(鋤床) すきどこ plowsole

1件 の用語解説(すき床(鋤床)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すきどこ【すき床(鋤床) plowsole】

農作業に伴う人や牛馬,農業機械などによる荷重のために,作土直下に発達する圧密された土層をいう。圧密は荷重によるほか,作土物質が落下して下層土の空隙(くうげき)をうずめることにもよる。耕盤または犂底盤(りていばん)ともよばれる。したがってすき床は,直上および真下の土層よりも容積重が大きく孔隙率が小さい。日本では,とくに水田土壌の透水性と地耐力に関連してすき床が注目される。排水のよい水田ではすき床が漏水を抑制していることが多く,そのため漏水田地帯では開田の際に床締めと称してブルドーザー転圧などにより人為的にすき床が造成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

すき床(鋤床)の関連キーワード機械工業産業機械農学農業機械農業生産組織百姓トラクター農作業高性能林業機械列状間伐

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone