コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すき床(鋤床) すきどこplowsole

世界大百科事典 第2版の解説

すきどこ【すき床(鋤床) plowsole】

農作業に伴う人や牛馬,農業機械などによる荷重のために,作土直下に発達する圧密された土層をいう。圧密は荷重によるほか,作土物質が落下して下層土の空隙(くうげき)をうずめることにもよる。耕盤または犂底盤(りていばん)ともよばれる。したがってすき床は,直上および真下の土層よりも容積重が大きく孔隙率が小さい。日本では,とくに水田土壌の透水性と地耐力に関連してすき床が注目される。排水のよい水田ではすき床が漏水を抑制していることが多く,そのため漏水田地帯では開田の際に床締めと称してブルドーザー転圧などにより人為的にすき床が造成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報