コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作土(読み)さくど(英語表記)plow layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作土
さくど
plow layer

耕土ともいう。土壌の表層にあって,耕耘によって攪拌され,下層に比し膨軟となっている部分。腐植や植物根に富み,植物根は養分や水分の大部分をこの層から吸収する。A層の全部または A1層に相当することが多いが,受食土などではB層あるいはC層を含むこともある。 (→土壌層位 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

作土【さくど】

耕土とも。耕地の表面にある土壌をいう。普通,耕具によって攪拌(かくはん)されて,肥料が施され,作物の根系が多くはびこっている。作土は下層の心土より膨軟で,作物の生育に必要な養分や水分をたくわえ,また風などで倒されないように植物体を保持している。耕地の肥沃度は多くの場合,作土の深さおよび性質に支配されるので,作土は栽培上重要である。
→関連項目全層施肥床締め老朽化水田

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さくど【作土 plow layer】

作物の根がひろがり,そこから作物に必要な養分や水を吸収する農地の最上部の層位。ふつう定期的に農具で耕起されるので耕土ともいう。しかし作物の種類または栽培法によっては,ほとんど耕起されない場合もある。作土の厚さは10cm内外から深根性作物では数十cmに及ぶ。作土は耕起のほか,堆厩肥(たいきゆうひ)や化学肥料の施用,土壌改良剤の添加,客土などにより人為の影響を強く受けている層位である。【三土 正則】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さくど【作土】

耕して作物を植える耕地の表層の土。作物の根が伸び広がる部分。耕土。表土。 ⇔ 心土

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作土
さくど

形態学的分類では、土壌を表面から層位別にA層、B層、C層などに分けるが、作物生産の見地からは、作土、鋤床(すきどこ)層、下層土(心土)のように区分している。たとえば水田では作土層の厚さはおよそ10~15センチメートルで、その下に鋤床層がみられるが、畑では作土の下が直接心土となる。作土は、耕うんの影響を直接受ける地表面直下の土層で、下層に比べて軟らかく、作物体や堆厩肥(たいきゅうひ)などの有機物が入るため、一般的に下層土より暗色を呈する。また肥料が施されるため、植物養分にも富んでいる。このように耕うん、施肥など人の栽培管理の影響を強く受けた土層である。作物の根の大半はこの層に分布し、養分や水分の多くはこの層から供給される。したがって侵食などにより作土が失われると、作物生産に大きな支障をきたす場合が多い。[小山雄生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android