開田(読み)かいだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開田
かいだ

長野県南西部,木曽町北西部の旧村域。御嶽山の北東斜面にある。標高 1100m前後の高冷地で,山に囲まれる。 1889年村制施行。 2005年木曽福島町,日義村,三岳村と合体して木曽町となった。近世から木曾駒 (木曽馬) の産地として知られ,1960年代後半に一時衰退したものの,観光乗馬として復活した。米作と高冷地野菜やソバの栽培を行なう。高原観光地として開発を進めており,スキー場,別荘地などがある。木曽福島との境界をなす地蔵峠からの御嶽山や乗鞍岳の眺望はみごとである。一部は御岳県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開田
かいだ

長野県南西部、木曽(きそ)郡にあった旧村名(開田村(むら))。現在は木曽町の北西部を占める。2005年(平成17)木曽福島(きそふくしま)町、日義(ひよし)村、三岳(みたけ)村と合併し木曽町となる。旧開田村は御嶽(おんたけ)山の北東麓(ろく)にある隔絶山村。御嶽火山の標高1000~1200メートルの高所にあり、JR中央本線木曽福島駅から乗り継ぎを含む西野行きバスで約40分。交通の関係で、木曽谷よりは岐阜県側と交渉があった。木曽馬の保護と育成のため、他の観光施設と複合した「木曽馬乗馬センター」が開設されている。現在は30頭ほどが飼育されている。ほかに「木曽馬トレッキングセンター」もある。キャンプ場のある開田高原のほか、幕末からの資料や、木曽馬などを展示する開田郷土館や、別荘地、温泉入浴施設がある。[小林寛義]
『『開田村誌』上下(1980・開田村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の開田の言及

【墾田】より

…また開墾予定地を墾田地ともいう。古代の史料では,新たに開墾した田をさす場合が多く,治田(はりた),開田(見開田)などともよばれた。墾田の語は主として古代から中世に用いられ,近世には新田の語が用いられた。…

※「開田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開田の関連情報