すぱすぱ

精選版 日本国語大辞典「すぱすぱ」の解説

すぱ‐すぱ

〙 (多く「と」を伴って用いる)
① さかんにタバコを吸うさまを表わす語。
※俳諧・江戸新八百韻(1756)「より遠見番所のも暮て〈龍眠〉 たばこすぱすぱ猿雀ども〈存義〉」
② たやすく、またはためらわずに、物事を行なうさまを表わす語。
※それから(1909)〈夏目漱石〉一四「此間に水を張って置いて、を短かく切って、すぱすぱ放り込んだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「すぱすぱ」の解説

すぱ‐すぱ

[副]
たて続けにタバコを吸うさま。「タバコをすぱすぱ(と)吸う」
手際よく、たて続けに切るさま。「大根をすぱすぱ(と)切る」
ためらわずにどんどん物事を行うさま。「問題をすぱすぱ(と)片づける」
[類語]ぷかぷかぷかりぷかり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android