遠見番所(読み)トオミバンショ

世界大百科事典 第2版の解説

とおみばんしょ【遠見番所】

通行人や船舶の不法行為を見張る施設で,とくに江戸時代の関所,番所,港湾等の付属機関となっていた。長崎港外に設けられた遠見番所は,事前に唐船の入津を探知するためのもので,これを白帆注進といった。1720年(享保5)までの下田番所の遠見番所は船舶の検閲のほか,航行の安全を保つ役割もあった。東海道箱根関の遠見番所は旅人の抜道を監視し,中山道碓氷関に付属する堂峯番所も同様の意味があった。【渡辺 和敏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とおみばんしょ【遠見番所】

江戸時代、異国船を見張るため沿岸各地に設けた番所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とおみ‐ばんしょ とほみ‥【遠見番所】

〘名〙
① 遠見番がつめて見張りをする場所。
※新田老談記(17C中‐後か)中「其上足利遠見番所の早鐘の音けはしく相聞候」
② 江戸時代、異国船渡来を監視し警備態勢を固めるため、沿岸各地の見晴らしのよい場所に設けた番所。寛永一五年(一六三八)、幕府が長崎半島の先端部の野母村(長崎市野母町)の日ノ山(権現山)に設けて、異国船が百浬内外まで進入すると、直ちに長崎に合図で通報させたのが初まり。台場。
※俳諧・江戸新八百韻(1756)「蛎は真水に塩の八百会〈米仲〉 渚より遠見番所の灯も暮て〈龍眠〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android