コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠見番所(読み)トオミバンショ

世界大百科事典 第2版の解説

とおみばんしょ【遠見番所】

通行人や船舶の不法行為を見張る施設で,とくに江戸時代の関所,番所,港湾等の付属機関となっていた。長崎港外に設けられた遠見番所は,事前に唐船の入津を探知するためのもので,これを白帆注進といった。1720年(享保5)までの下田番所の遠見番所は船舶の検閲のほか,航行の安全を保つ役割もあった。東海道箱根関の遠見番所は旅人の抜道を監視し,中山道碓氷関に付属する堂峯番所も同様の意味があった。【渡辺 和敏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とおみばんしょ【遠見番所】

江戸時代、異国船を見張るため沿岸各地に設けた番所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報