コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠見番所 トオミバンショ

世界大百科事典 第2版の解説

とおみばんしょ【遠見番所】

通行人や船舶の不法行為を見張る施設で,とくに江戸時代の関所,番所,港湾等の付属機関となっていた。長崎港外に設けられた遠見番所は,事前に唐船の入津を探知するためのもので,これを白帆注進といった。1720年(享保5)までの下田番所の遠見番所は船舶の検閲のほか,航行の安全を保つ役割もあった。東海道箱根関の遠見番所は旅人の抜道を監視し,中山道碓氷関に付属する堂峯番所も同様の意味があった。【渡辺 和敏】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とおみばんしょ【遠見番所】

江戸時代、異国船を見張るため沿岸各地に設けた番所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遠見番所の関連キーワード先島諸島火番盛大島(大分県)北茨城[市]海陽(町)笠沙[町]長崎(市)日ノ御埼里[村]相ノ島奈良尾尻屋崎梶取崎野母崎藍島市振牛深見島潮岬

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android