コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずだい ズダイ

デジタル大辞泉の解説

ずだい

[副]
もともと。元来。
「―気の短い旦那殿」〈根無草・後・一〉
(多く、打消しの語を伴って用いる)少しも。全然。まったく。
商売向きは家来まかせに―かまはず」〈洒・無頼通説法〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずだい

( 副 )
生まれつき。元来。生来。 「 -気の短い旦那殿/滑稽本・根無草後編」
(多く打ち消しの表現を伴って)一向に。全く。全然。 「しやうばい向は、家来まかせに-かまはず/洒落本・無頼通説法」
( 形動 )
程度がはなはだしいさま。ひどいさま。 「 -なめに合わせてやれつちやあ/滑稽本・続膝栗毛」
ひどく酒に酔うさま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ずだいの関連キーワード固定じんま疹郡山(市)大分(県)カニンガム押型文土器御所人形岩宿遺跡芹沢長介洒落本清水台大分県滑稽本

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android