コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずや ズヤ

デジタル大辞泉の解説

ず‐や

[連語]《打消しの助動詞「ず」+係助詞「や」》
(推量の語を伴って)打消しの疑問の意を表す。…ないで…だろうか。
「飽か―ありけむ、はつかの夜の月出づるまでぞありける」〈土佐
(文末に用いて)打消しの疑問、または反語の意を表す。…ないだろうか。
「己が好む方にほめなすこそ、その人の日来の本意にもあら―と覚ゆれ」〈徒然・一四三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずや

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に係助詞「や」の付いたもの〕
(文中にあって)
疑問を表す。…ないで…だろうか。 「白たへの手本ゆたけく人の寝る甘睡うまいは寝-恋ひ渡りなむ/万葉集 2963
反語を表す。(…だろうか、いや)…する。 「心ありて風の匂はす園の梅にまづうぐひすの問は-あるべき/源氏 紅梅
(文末にあって)
疑問を表す。…ないであろうか。 「飽か-妹と問ひし君はも/万葉集 2706
反語を表す。(…ないであろうか、いや)…する。 「余りにて我は死ぬべくなりにたら-/万葉集 4080

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ずやの関連情報