コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずんど ズンド

デジタル大辞泉の解説

ずん‐ど

[副]《日葡辞書では「づんど」と表記》
動作を勢いよくすばやくするさま。さっと。
「肩を―躍り越えてぞ戦ひける」〈平家・四〉
程度の差がいちじるしいさま。ずっと。
「是等は―上代の事にして」〈洒・跖婦人伝〉
(下に打消しの語を伴って)まったく。少しも。
「取り上げばばあとも見えず、―よめぬ婆だわえ」〈伎・助六

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずんど

( 副 )
思い切りよく事を行うさま。勢いよく行うさま。 「肩を-躍り越えてぞ戦ひける/平家 4」 「長刀の柄-切りてぞ落とされける/義経記 2
程度のはなはだしいさま。非常に。 「あの忠治と幸治郎めは-能く気に入つているから/洒落本・南閨雑話」
(下に打ち消しの語を伴って)決して。少しも。 「 -痛みもござらぬ/滑稽本・浮世風呂 」 → ずんと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ずんどの関連キーワードザウアークラウトウエストマークサックドレスザトウムシソトワール一文字切りダイコン浮世風呂グラタン寸切りずんと金明竹洒落本伽羅寸胴着付

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android