コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白洲 しらす

5件 の用語解説(白洲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白洲
しらす

江戸時代における法廷の別称。この時代の奉行所には,下段に砂利が敷かれた席が設けられていたために,この称が生じた。この席に着座させられた者は,町人,百姓,由緒なき浪人たちであり,いわゆる身分なき人々である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しらす【白洲】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「白洲」姓の人物
白洲次郎(しらすじろう)
白洲正子(しらすまさこ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

白洲【しらす】

(1)玄関先や庭前などの白い砂を敷いた所。(2)江戸時代,訴訟犯罪等の審理を行う法廷。庭に砂利を敷き詰めていたのでこの名がある。被疑者の百姓・町人・下級浪人はその上にむしろを敷いて座った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

白洲

福岡県北九州市小倉北区の沖、藍島の西約2kmに位置する白砂の岩礁。明治期に建設され、日本の灯台50選にも選ばれている「白州灯台」がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しらす【白洲】

江戸時代の法廷。狭義には法廷内の砂利を敷き詰めた庭を指す。出廷者の座席は身分によって異なり,狭義の白洲(砂利ともいう)にむしろを敷いて露座するのは百姓,町人や浪人等である。御用達町人や由緒ある浪人等は下椽(したえん)(板椽,落椽(おちえん),浪人台)に,武士や僧侶,神職等は一段高い上椽(うわえん)(畳椽,椽頰(えんがわ),下通(したどおり))に座る。さらに上段の間(上通(うわどおり))を区分して設ける奉行所もあるが,奉行は最上段の座敷に着座した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白洲の関連キーワード小法廷大法廷白州法廷警察権砂利場廷内満廷法廷画謀略法廷大法廷・小法廷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白洲の関連情報