せこを入れる(読み)せこをいれる

精選版 日本国語大辞典の解説

せこ を 入(い)れる

① (酒席に「せこ」を入れるの意) 酒肴が席全体に広くいきわたるようにする。また、上下の別なく酒肴を勧める。せこに入れる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② すみずみまで気を配る。細かな事に気をつけて、抜け目なく精を出す。特に、倹約・稽古などに励む、勤勉な生活態度についていうことが多い。せこに入れる。
※俳諧・功用群鑑(1681頃)地「立居(たちい)に付てにくむこま犬〈松意〉 御供所(くうしょ)の落こぼれまでせこを入〈松悌〉」
※黄表紙・全交法師常々草(1794)「おやのかんなんくらうをしてまうけためたる金銀を、手もぬらさずゆづりうけ、わがうちではいはゆるぬかみそじるも、うすくうすくとせこをいれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android