酒肴(読み)しゅこう

精選版 日本国語大辞典「酒肴」の解説

しゅ‐こう ‥カウ【酒肴】

〘名〙 (さかな)。また、その馳走。酒さかな。
※続日本紀‐天平一九年(747)正月丙申「諸司主典已上賜酒肴
※保元(1220頃か)下「宣帝則ち漸台に酒肴をまうけて是をめす」 〔漢書‐揚雄伝賛〕

す‐こう ‥カウ【酒肴】

〘名〙 さけとさかな。酒のさかな。しゅこう。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「さ知らましかば、いささかすかうかまへてまうで来まし物を」

さけ‐さかな【酒肴】

〘名〙 酒とそれに添える食べ物、料理など。しゅこう。
※太平記(14C後)二一「道々に酒肴(さけサカナ)を設けて、宿々に傾城を弄ぶ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「酒肴」の解説

さけ‐さかな【酒×肴】

酒と、酒のさかな。酒と料理。しゅこう。「酒肴でもてなす」

しゅ‐こう〔‐カウ〕【酒×肴】

酒とさかな。また、酒の肴。「酒肴を調える」
[類語]料理調理割烹かっぽう煮炊き炊事クッキングさいおかずぜん膳部食膳馳走ちそう佳肴かこう調味ディッシュ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「酒肴」の解説

【酒肴】しゆこう(かう)

酒と、さかな。〔漢書、揚雄伝賛〕家素(もと)なるも酒を耆(この)む。人其のに至る希(まれ)なり。時に好事のり、酒肴を載せて、從つて游學す。

字通「酒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android