そう(さう)れい

普及版 字通「そう(さう)れい」の解説

【壮】そう(さう)れい

励みたつ心。〔晋書、姚泓載記〕人挫辱せらるれば、則ち壯の心生じ、煩苛(はんか)なれば、則ち(かうめん)の行立つ。上の下をするは、風のを靡(なび)かすが如し。

字通」の項目を見る

隷】そう(さう)れい

下僕の類。〔左伝、昭七年〕天に十日り、人に十等り。下、上に事ふる以(ゆゑん)にして、上、(供)する以なり。故に王はを臣とし、は大夫を臣とし、大夫は士を臣とし、士はを臣とし、輿を臣とし、輿はを臣とし、隷はを臣とし、僚は僕を臣とし、~以て百事を待つ。

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android