(読み)カサ

デジタル大辞泉の解説

かさ【×瘡】

皮膚のできもの、はれもの。また、傷の治りぎわにできるかさぶた。
梅毒俗称

くさ【×瘡】

皮膚にできる、できものただれなどの総称。特に、乳児の頭や顔にできる湿疹(しっしん)。かさ。

そう【瘡】[漢字項目]

[音]ソウ(サウ)(漢) [訓]かさ
できもの。かさ。「凍瘡痘瘡疱瘡(ほうそう)
切りきず。「瘡痕瘡瘢(そうはん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かさ【瘡】

できもの・はれものなどの皮膚病。また、かさぶた。
梅毒ばいどくの俗称。 「 -かき」

くさ【瘡】

皮膚にできるできもの・湿疹などの総称。
赤ん坊の頭などにできる湿疹。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かさ【瘡】

〘名〙
① 天然痘、できもの、はれものなど、皮膚病の総称。また、傷の治りぎわにできるかさぶたをもいう。
※書紀(720)敏達一四年三月(前田本訓)「天皇と大連と卒(にはか)に瘡(カサ)(や)みたまふ」
※米沢本沙石集(1283)二「むねに疵ありて、かさと成り」
② 特に、梅毒をいう。
仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)四「傾城おほくあつまりて、市立(いちだち)の人に契る。〈略〉瘡(カサ)をうつりて、一期やまひになるもあり」

くさ【瘡】

〘名〙
① 皮膚にできる湿疹などの病気。かさ。くさがさ。
※日葡辞書(1603‐04)「Cusaga(クサガ) フキ イヅル」
※咄本・日待ばなしこまざらひ(1684‐88)中「むかしさる人の手に、くさがおほく出来れば」
赤ん坊の頭や顔などにできる皮膚病。かさ。胎毒(たいどく)
③ 突然起こる熱病に似た病気。古く九州地方の語(日葡辞書(1603‐04))。
※上井覚兼日記‐天正一二年(1584)一一月一三日「従夜前くさに振付候て伏居候」

そう サウ【瘡】

〘名〙 皮膚が熱をもち、腫れてうみ、ただれる病気。できもの。瘡病。
※業鏡台(1394‐1428頃)作州高福寺紀「瘡之去膚如蛇脱皮」 〔張巡‐守雎陽作詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【和泉式部】より

…墓所の一つ京都市中京区の誠心(じようしん)院は,唱導の徒の拠点であった。各地に伝えられる式部の伝説には,瘡(かさ)を病んだ式部が,日向国の法華岳寺の薬師如来に平癒を祈ったが,いっこうに効験がないので〈南無薬師諸病悉除の願立てて身より仏の名こそ惜しけれ〉と詠むと,夢の中に〈村雨はただひと時のものぞかし己が身のかさそこに脱ぎおけ〉という返歌があって,難病もたちまちに平癒したという話や,アユ(鮎)の腸を意味する〈うるか〉ということばを,たくみに詠みこんださまざまな秀歌を作ったという話など,歌にまつわるものが多く,中には小野小町や西行の伝説と同じ内容のものもある。また,佐賀県には,式部が鹿の子であったために足の指が二つに割れており,親がそれをかくすために足袋というものを作ったという伝説もある。…

※「瘡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瘡の関連情報