(読み)そう

精選版 日本国語大辞典「壮」の解説

そう サウ【壮】

[1] 〘名〙
① (形動) 元気盛んであること。勇ましいこと。強健であること。また、そのさま。
※史記抄(1477)一三「老者小者をば易処に当てをき、壮なる者をば劇処に当て置ぞ」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六一「老て益益壮(サウ)なれば」 〔春秋左伝‐宣公一二年〕
② 三〇歳前後の血気盛んな年齢。盛りのとし。若盛り。また、その人。
随筆・折たく柴の記(1716頃)下「凡そ人の幼といひ、弱といひ、壮といひ、強といひ、艾(かい)といひ、耆(き)といひ、老といひ、耄(ばう)といふ」 〔論語‐季氏〕
③ (形動) 大きくてりっぱであること。また、そのさま。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉金費ひの術「其邸宅を壮(サウ)にし」
[2] 〘接尾〙 (「草」とも書く) (きゅう)をすえる回数、または、艾(もぐさ)の分量を数えるのに用いる。
※玉葉‐安元二年(1176)六月一九日「被二百草
※随筆・榊巷談苑(1704頃か)「灸一灼を一壮といふは、壮年の人にあてて幾灼と定めたれば壮とはいへり」 〔夢渓筆談‐技芸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「壮」の解説

そう【壮〔壯〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソウ(サウ)(漢) [訓]さかん
血気盛んな年ごろ。勢いが盛ん。「壮健壮士壮丁壮年強壮少壮
意気に燃えている。勇ましい。「壮挙壮絶壮図壮烈悲壮勇壮
元気づける。「壮行会」
大きくて立派。「壮観壮大壮麗広壮
[名のり]あき・お・さかり・たけ・たけし・まさ・もり

そう〔サウ〕【壮】

[名・形動]
意気が盛んで勇ましいこと。また、そのさま。「その志をとする」
30歳前後の血気盛んな年ごろ。また、その年ごろの男性。「にして大家の貌がある」
[接尾](「草」とも書く)助数詞。灸をすえる回数を数えるのに用いる。
「此の日の灸、肩腎并せて曲池に百五十—」〈蔗軒日録〉
[類語]勇ましい雄雄おおしい凜凜りりしい勇壮勇猛勇敢剛勇忠勇果敢精悍壮烈・英雄的・ヒロイック(「—と」「—たる」の形で)敢然決然凜然りんぜん凜凜りんりん凜乎りんこ颯爽さっそう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android