(読み)ソウ

デジタル大辞泉の解説

そう〔サウ〕【壮】

[名・形動]
意気が盛んで勇ましいこと。また、そのさま。「その志をとする」
30歳前後の血気盛んな年ごろ。また、その年ごろの男性。「にして大家の貌がある」
[接尾](「草」とも書く)助数詞。灸をすえる回数を数えるのに用いる。
「此の日の灸、肩腎并せて曲池に百五十―」〈蔗軒日録〉

そう【壮〔壯〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソウ(サウ)(漢) [訓]さかん
血気盛んな年ごろ。勢いが盛ん。「壮健壮士壮丁壮年強壮少壮
意気に燃えている。勇ましい。「壮挙壮絶壮図壮烈悲壮勇壮
元気づける。「壮行会」
大きくて立派。「壮観壮大壮麗広壮
[名のり]あき・お・さかり・たけ・たけし・まさ・もり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そう【壮】

[1] ( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
活力に満ちあふれ、勇ましいこと。男らしいこと。また、そのさま。 「叔父は老て益益-なれば/花柳春話 純一郎
元気で充実した年頃。三〇歳前後。普通、男性についていう。 「年歯未だ-/日本風景論 重昂
( 接尾 )
助数詞。灸きゆうをすえる回数を数えるのに用いる。
[句項目] 壮とする

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう サウ【壮】

[1] 〘名〙
① (形動) 元気盛んであること。勇ましいこと。強健であること。また、そのさま。
※史記抄(1477)一三「老者小者をば易処に当てをき、壮なる者をば劇処に当て置ぞ」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六一「老て益益壮(サウ)なれば」 〔春秋左伝‐宣公一二年〕
② 三〇歳前後の血気盛んな年齢。盛りのとし。若盛り。また、その人。
随筆・折たく柴の記(1716頃)下「凡そ人の幼といひ、弱といひ、壮といひ、強といひ、艾(かい)といひ、耆(き)といひ、老といひ、耄(ばう)といふ」 〔論語‐季氏〕
③ (形動) 大きくてりっぱであること。また、そのさま。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉金費ひの術「其邸宅を壮(サウ)にし」
[2] 〘接尾〙 (「草」とも書く) 灸(きゅう)をすえる回数、または、艾(もぐさ)の分量を数えるのに用いる。
※玉葉‐安元二年(1176)六月一九日「被二百草
※随筆・榊巷談苑(1704頃か)「灸一灼を一壮といふは、壮年の人にあてて幾灼と定めたれば壮とはいへり」 〔夢渓筆談‐技芸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

壮の関連情報