コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そこら ソコラ

デジタル大辞泉の解説

そこ‐ら

[副]
数多く。たくさん。
「―の年ごろ、―のこがね賜ひて」〈竹取
たいへん。非常に。
「御送りの人ども、寺々の念仏の僧など、―広き野に所もなし」〈・葵〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そこら

( 副 )
数量の多いさま。それほどたくさん。 「 -の年比としごろ、-の金こがね給て/竹取」
程度のはなはだしいさま。たいそう。 「顔は-けさうじたりつれど/大鏡 藤氏物語

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

そこらの関連キーワード年並み・年次・年並おどろおどろしいそんじょ其処らそんじょそこら眉を伸べる突っ掛ける古手川祐子タイ(魚)若干・幾許其処ら辺り店を広げる随所・随処福島正則高田景子余所余所宿這入りさてこそととかか水の出端暴れ回る

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そこらの関連情報