そらにみつ(読み)ソラニミツ

大辞林 第三版の解説

そらにみつ

( 枕詞 )
地名「やまと」にかかる。古い枕詞「そらみつ」を改作したもの。 「 -大和を置きて/万葉集 29

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そら‐に‐みつ

国名「大和(やまと)」にかかる。
万葉(8C後)一・二九「天爾満(そらニみつ) 大和をおきて 青丹よし 奈良山を越え」
[補注]挙例は、作者の柿本人麻呂が、古来使われていた「大和」にかかる枕詞「そらみつ」を「そらにみつ」と五音に整音化し、さらに「空に満つ山」というところから「山(やま)」と同音を含む「大和」にかかると解釈したものといわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android