青丹(読み)あおに

色名がわかる辞典の解説

あおに【青丹】

色名の一つ。この場合ののこと。丹は土を意味し、この場合は緑みのある土の色をさす。一般に顔料となる岩緑青いわろくしょうのこととされ、奈良が産地として有名。『万葉集』に「青丹よし 寧楽ならの京師みやこは咲く花の 薫にほふがごとく 今盛りなり」とうたわれ、「青丹よし」は奈良にかかる枕詞まくらことばとなっている。ただし岩緑青は洋名でいうとマラカイトグリーンだが、青丹はそれよりもくすんだイメージの色。古くは染色、織物の色名として用いられた。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あおに【青丹】

〔「に」は赤い土の意〕
青黒い土。 「有らゆる土は色青き紺はなだの如く、画に用ゐて麗し。俗くにひと-といひ/常陸風土記」
岩緑青いわろくしようのこと。
染め色の名。濃い青に黄をおびた色。青緑色。
かさねの色目の名。表裏ともに。または、表は香こう色、裏は薄青。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐に あを‥【青丹】

〘名〙
① (「に」は、土の意) 青黒色の土。
常陸風土記(717‐724頃)久慈「有らゆる土は、色、青き紺(はなだ)の如く、画に用ゐて麗し。俗(くにひと)、阿乎爾(アヲニ)といひ」
② 青色顔料の土。染料や絵の具に用いられる。岩緑青(いわろくしょう)
※医心方(984)一「緑青。和名安乎仁 出長門国」
③ 染色の名。濃い青色に、黄の加わった色。緑青色。
④ 襲(かさね)の色目。表裏ともに、濃い青に黄を加えた色のもの。または、表は赤みの多い茶色で、裏は薄い青色のもの。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「下づかへはあをににやなぎがさね着たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android