青丹(読み)あおに

色名がわかる辞典の解説

あおに【青丹】

色名の一つ。この場合ののこと。丹は土を意味し、この場合は緑みのある土の色をさす。一般に顔料となる岩緑青いわろくしょうのこととされ、奈良が産地として有名。『万葉集』に「青丹よし 寧楽ならの京師みやこは咲く花の 薫にほふがごとく 今盛りなり」とうたわれ、「青丹よし」は奈良にかかる枕詞まくらことばとなっている。ただし岩緑青は洋名でいうとマラカイトグリーンだが、青丹はそれよりもくすんだイメージの色。古くは染色、織物の色名として用いられた。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あおに【青丹】

〔「に」は赤い土の意〕
青黒い土。 「有らゆる土は色青き紺はなだの如く、画に用ゐて麗し。俗くにひと-といひ/常陸風土記」
岩緑青いわろくしようのこと。
染め色の名。濃い青に黄をおびた色。青緑色。
かさねの色目の名。表裏ともに。または、表は香こう色、裏は薄青。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android