それなり

精選版 日本国語大辞典「それなり」の解説

それ‐なり

〘名〙 (「なり」は、そのままの。副詞的にも用いる)
物事の状態や様子が、そこに示されているままで変わらないこと。その状態のまま。
歌舞伎幼稚子敵討(1753)六「は此一通を口に銜へて居るに、(ソレ)成に殿様に御目に懸けいよ」
※すみだ川(1909)〈永井荷風〉二「お糸ちゃんはもう其れなり向うの人になっちまふんだらう」
② それはそれとして。それ相応に。
※仁説問答師説(1688‐1710)宝永三年講「其なりに生れた人の心で、温然としてにこやかにほけやかな、人をあしう思はぬ様に」
の落ちる(1913)〈高浜虚子〉一一「稽古会も止めるなら止めるやうに一遍其れなりの会合をしようぢゃありませんか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android