コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぞよ ゾヨ

2件 の用語解説(ぞよの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぞ‐よ

[連語]《終助詞「ぞ」(古くは係助詞「ぞ」の文末用法)+間投助詞「よ」》断定した内容を、さらに念を押す気持ちを表す。…なのだよ。…だぞ。
「それはいともて離れたること―」〈・朝顔〉
「与次兵衛が回し者、彦介を踏んだ―」〈浄・寿の門松

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞよ

( 連語 )
〔文末に用いられた係助詞「ぞ」に間投助詞「よ」が付いたもの〕 体言や活用語の連体形に付いて、それと指定する形で強調し、さらに念を押す気持ちを添える。 「人に咎めらるべくもあらぬ心の程-/源氏 胡蝶
の転。終助詞「ぞ」に間投助詞「よ」が付いたもの。中世後期から近世へかけての語〕 文末の活用語の終止形に付き、強く指示して断定し、また念を押す気持ちを添える。 「聞えた〱、与次兵衛がまはし物、彦介を踏んだ-/浄瑠璃・寿の門松」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぞよの関連情報