ぞよ(読み)ゾヨ

デジタル大辞泉「ぞよ」の解説

ぞ‐よ

[連語]終助詞「ぞ」(古くは係助詞「ぞ」の文末用法)+間投助詞「よ」》断定した内容を、さらにを押す気持ちを表す。…なのだよ。…だぞ。
「それはいともて離れたること―」〈・朝顔〉
「与次兵衛が回し者、彦介を踏んだ―」〈浄・寿の門松

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ぞよ」の解説

ぞ‐よ

(終助詞「ぞ」(古くは係助詞の文末用法)に間投助詞「よ」が付いたもの) 「ぞ」の聞手に対する指定的な強い働きかけを、幾分やわらげながら「よ」によって更に念を押す。ぞとよ
源氏(1001‐14頃)若紫「今は、さは大殿籠るまじきぞよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android