コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぞよ ゾヨ

デジタル大辞泉の解説

ぞ‐よ

[連語]《終助詞「ぞ」(古くは係助詞「ぞ」の文末用法)+間投助詞「よ」》断定した内容を、さらに念を押す気持ちを表す。…なのだよ。…だぞ。
「それはいともて離れたること―」〈・朝顔〉
「与次兵衛が回し者、彦介を踏んだ―」〈浄・寿の門松

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞよ

( 連語 )
〔文末に用いられた係助詞「ぞ」に間投助詞「よ」が付いたもの〕 体言や活用語の連体形に付いて、それと指定する形で強調し、さらに念を押す気持ちを添える。 「人に咎めらるべくもあらぬ心の程-/源氏 胡蝶
の転。終助詞「ぞ」に間投助詞「よ」が付いたもの。中世後期から近世へかけての語〕 文末の活用語の終止形に付き、強く指示して断定し、また念を押す気持ちを添える。 「聞えた〱、与次兵衛がまはし物、彦介を踏んだ-/浄瑠璃・寿の門松」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぞよの関連キーワード語呂合わせ・語路合わせ・語呂合せ・語路合せ痩せる・瘦せる・瘠せる行き届く・行届く若輩・弱輩おばんざい蚱蝉・蚱蟬入り立つ辰巳上り不洒落る『浮雲』大人立つ打ち塡む朝鮮文学出口なお見逸れる桂團治郎広津柳浪身上がり札が付く御不承

ぞよの関連情報