コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たがね

2件 の用語解説(たがねの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

たがね

三重県桑名市、たがねやが製造・販売する銘菓。餅米とうるち米を混ぜついた切り餅に溜り醤油をつけて焼いた煎餅。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

たがね
たがね / 鏨
chisel

機械部品の手工具の一つ。被加工物の削り代(しろ)の多いときや、鋳物の表面のように粗雑な面を仕上げる前の、やすりがけの前工程に使われる。仕上げ用に普通使われるものは、はつり用平たがね、溝切りおよび粗はつり用のえぼしたがねである。一般に柄(え)は八角形の棒で、その一端が細くなって刃先を構成する。刃先の角度は、軟質金属用は30~40度、鋼用は55~60度である。鍛造用のたがねは被加工材の切断に使われる。ほかに特殊な用途のための種々のたがねがある。[志村宗昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たがねの関連キーワード三重県桑名市上野三重県桑名市京町三重県桑名市桑名三重県桑名市坂井三重県桑名市新町三重県桑名市太夫三重県桑名市筑紫三重県桑名市野田三重県桑名市本町三重県桑名市矢田

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

たがねの関連情報