コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たがね

デジタル大辞泉プラスの解説

たがね

三重県桑名市、たがねやが製造・販売する銘菓。餅米うるち米を混ぜついた切り餅に溜り醤油をつけて焼いた煎餅。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

たがね
たがね / 鏨
chisel

機械部品の手工具の一つ。被加工物の削り代(しろ)の多いときや、鋳物の表面のように粗雑な面を仕上げる前の、やすりがけの前工程に使われる。仕上げ用に普通使われるものは、はつり用平たがね、溝切りおよび粗はつり用のえぼしたがねである。一般に柄(え)は八角形の棒で、その一端が細くなって刃先を構成する。刃先の角度は、軟質金属用は30~40度、鋼用は55~60度である。鍛造用のたがねは被加工材の切断に使われる。ほかに特殊な用途のための種々のたがねがある。[志村宗昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

たがねの関連キーワードちょうこくぐ座(彫刻具座)ラインエングレービングタガネソウ(鏨草)鋳浚へ・鋳掫へ三重県桑名市たがね(鏨)やすり(鑢)鋤き出し彫タガネソウのみ(鑿)斫り・削り海野勝珉ルプッセ烏帽子鏨平岩弓枝川尻桶押出仏魚々子蹴彫り金工具

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たがねの関連情報