コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たらちね

デジタル大辞泉プラスの解説

たらちね

古典落語の演目のひとつ。「たらちめ」とも。上方では「延陽伯」と題する。林家三平が得意とした。オチは地口オチ。主な登場人物は、夫婦者。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

たらちね
たらちね

落語。別名「たらちめ」。上方(かみがた)落語では「延陽伯」(「縁良(えんよ)う掃(は)く」の意)という。大家(おおや)から八五郎に縁談があり、ことばのばかていねいな嫁がきた。名前を尋ねると「みずからことの姓名は、父はもと京都の産にして、姓は安藤、名は慶蔵、字(あざな)を五光と申せしが、わが母33歳のおり、ある夜丹頂(たんちょう)の鶴(つる)を夢みて、わらわをはらめるがゆえ、たらちねの胎内をいでしときは、鶴女(つるじょ)鶴女と申せしが、それは幼名、成長ののち、これを改め、清女(きよじょ)と申しはべるなり」と答えた。翌朝「ああら、わが君、日も東天に出御(しゅつぎょ)ましませば、お起きになって、うがい手水(ちょうず)を使い、神前仏前へ御灯火(みあかし)を供え、ご飯も冷飯(れいはん)に相成りそうらえば、早く召し上がってしかるびょう存じ奉る。恐惶謹言(きょうこうきんげん)」「うふっ。飯を食うのが恐惶謹言なら、酒なら依(よ)って(酔って)くだんのごとしか」。漢語による笑いが多く、落ちもいまではわかりにくくなったが、品格のある楽しい咄(はなし)である。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

たらちねの関連キーワードおもな枕詞とかかり方赤光(しゃっこう)熊さん・八っつぁん松の門三艸子掻き暮れる長内 和夫落語の演題繭籠もり恐惶謹言桂 南八古典落語猪又武春小池朋子垂乳根垂乳し垂乳男垂乳女足常の別れる通はす

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たらちねの関連情報