たわい(読み)タワイ

デジタル大辞泉の解説

たわい

(下に「ない」を伴って用いる)
㋐言動がしっかりしていて、正気であること。「すっかり酔って、まるでたわいがない」
㋑しっかりした考え。また、思慮分別。「たわいのない話」「年がいもなくたわいのないことを言う」
㋒手ごたえ。張り合い。「たわいもなく負ける」
正体なく酒に酔うこと。酩酊。
「御免候へ、―、―」〈浄・忠臣蔵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たわい

しっかりした態度や考え。多く「たわいがない」「たわいのない」「たわいもない」などの形で用いる。 「 -もないことを言う」 「 -のない話」 → たわいない
(酔ったりして)正体がないこと。 「御免下され、我等もう酔ひました、何申すやら- -/浄瑠璃・伊賀越道中双六」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たわいの関連情報