コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たわい タワイ

デジタル大辞泉の解説

たわい

(下に「ない」を伴って用いる)
㋐言動がしっかりしていて、正気であること。「すっかり酔って、まるでたわいがない」
㋑しっかりした考え。また、思慮分別。「たわいのない話」「年がいもなくたわいのないことを言う」
㋒手ごたえ。張り合い。「たわいもなく負ける」
正体なく酒に酔うこと。酩酊。
「御免候へ、―、―」〈浄・忠臣蔵

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たわい

しっかりした態度や考え。多く「たわいがない」「たわいのない」「たわいもない」などの形で用いる。 「 -もないことを言う」 「 -のない話」 → たわいない
(酔ったりして)正体がないこと。 「御免下され、我等もう酔ひました、何申すやら- -/浄瑠璃・伊賀越道中双六」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

たわいの関連キーワード農林漁業成長産業化支援機構エロ・グロ・ナンセンスちっとそうもござるまいナンセンスコメディー痴話喧嘩・癡話喧嘩ふしぎの国のアリスブルーフィルム伊賀越道中双六満州映画協会児戯に等しいミュージカル木っ端の火﨟次も無い訳も無い事メイナールぐんにゃり秘蔵烏帽子たわい無い小津安二郎余念が無い

たわいの関連情報