たわい(読み)タワイ

デジタル大辞泉の解説

たわい

(下に「ない」を伴って用いる)
㋐言動がしっかりしていて、正気であること。「すっかり酔って、まるでたわいがない」
㋑しっかりした考え。また、思慮分別。「たわいのない話」「年がいもなくたわいのないことを言う」
㋒手ごたえ。張り合い。「たわいもなく負ける」
正体なく酒に酔うこと。酩酊。
「御免候へ、―、―」〈浄・忠臣蔵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たわい

しっかりした態度や考え。多く「たわいがない」「たわいのない」「たわいもない」などの形で用いる。 「 -もないことを言う」 「 -のない話」 → たわいない
(酔ったりして)正体がないこと。 「御免下され、我等もう酔ひました、何申すやら- -/浄瑠璃・伊賀越道中双六」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たわい

〘名〙
① 確固とした態度や考え。はねかえってくるような手ごたえ。下に否定の語を伴って、それが無い意で用いる。たあい。→たわいがない
※浮世草子・けいせい手管三味線(1726)五「釈迦の在世はしらず、天竺も今はたはいあるまじ」
② (形動) たわいないこと。また、そのさま。一説に「酒たわい」の略で、酒に酩酊する意とも。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)七「御免候へたわゐたわゐ」
※咄本・軽口腹太鼓(1752)三「おれも大かたいきついたが、その女中はたわいになって、雪のやうな顔がさくら色になって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たわいの関連情報