酩酊(読み)めいてい

精選版 日本国語大辞典「酩酊」の解説

めい‐てい【酩酊】

〘名〙 (古くは「めいでい」とも) 過飲酒や薬物の吸飲などで、大脳が軽い麻痺を起こし、自己抑制や判断力が低下し、誇大妄想的気分になった状態。酔っぱらった状態。
※万葉(8C後)一七・晩春三日遊覧詩「縦酔陶心忘彼我酊無処不淹留
※文明本節用集(室町中)「酩酊 メイデイ 沉酔義也又作茗〔山谷外集〕」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「余程酩酊してゐると見えて鼻持のならぬ程の熟柿臭い香をさせ乍ら」 〔晉書‐山簡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「酩酊」の解説

酩酊
めいてい
drunkenness
intoxication

軽度の意識障害を伴った一過性の運動興奮状態をいい、普通は飲酒による大脳皮質の軽度麻酔で自己抑制が減退した状態をさす。このほか、カフェインやキニーネなどの薬物あるいは毒物によって引き起こされるものもあり、広義には宗教家や芸術家などのエクスタシーや感情高揚など一過性の興奮状態なども含まれることがある。

[加藤伸勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「酩酊」の解説

めい‐てい【××酊】

[名](スル)《古くは「めいでい」とも》ひどく酒に酔うこと。「度を過ごして酩酊する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「酩酊」の解説

めいてい【酩酊 intoxication】

酒に酔うこと,いわゆる酒酔い。アルコール飲料を飲用したときに起こる精神身体的変化のことで,医学的には急性アルコール中毒をさし,アルコール飲料に含まれるエチルアルコールが中枢神経機能を抑制することによって起こる。酒酔いに似た酩酊状態は,精神安定剤やシンナーなど,中枢抑制作用をもつ薬剤を使用しても起こるが,これらは薬物酩酊という。
[酩酊の症状]
 酩酊時にみられる諸症状の発現には,アルコール飲料の量や濃度,飲酒の速度,食物との関係など飲酒状況のほか,アルコールに対する感受性や代謝能力などの個人差が関与し,一律ではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の酩酊の言及

【アルコール中毒】より

…そこでアルコール飲用によって起こる精神身体障害は急性アルコール中毒,アルコール依存に大別され,アルコール依存を基礎にしてアルコール精神病alcoholic psychosisが生じるとされる。一方,アルコール飲用に関連して起こる広義の社会的問題,すなわち怠業や酩酊(めいてい)運転などを含む医療問題を超えた福祉や社会政策をも包括するような領域については,〈アルコール関連問題〉という呼び方が提唱されている。〈アルコール関連問題〉を起こす者については,〈アルコール関連障害〉をもつ者といいかえることになる。…

※「酩酊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android