コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちょろ船 ちょろぶね

世界大百科事典 第2版の解説

ちょろぶね【ちょろ船】

瀬戸内海を中心に,西は北九州から東は紀伊半島・東海道・東京湾の各地で使われていた小型の和船。長さ7m,肩幅1.2m程度のもので,船首が箱造になった,2挺櫓の軽快な船であったというところが多い。江戸では町奉行所の巡邏(じゆんら)船としても利用され,瀬戸内海の木江(きのえ)港では女が停泊中の船に乗り込むのにも使っていた。〈ちょろ〉とは形の小さいことを意味することばであるという。【石塚 尊俊】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ちょろ船の関連キーワード瀬戸内海

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android