木江(読み)きのえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木江
きのえ

広島県南部,大崎上島の南部地区。旧町名。 1920年町制。 1955年大崎南村と合体。 2003年大崎町,東野町と合併し大崎上島町となった。中心集落の木江は,瀬戸内海の潮待ち港として商業機能をもつ一方,木造船の製造も盛んになった。現在は鉄鋼造船業が行なわれる。耕地大部分がミカン栽培の樹園地となっている。竹原港へ船の便がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木江
きのえ

広島県南部、豊田(とよた)郡にあった旧町名(木江町(ちょう))。現在は豊田郡大崎上島(おおさきかみじま)町の一地区。1920年(大正9)町制施行。1955年(昭和30)大崎南村と合併。2003年(平成15)大崎町、東野(ひがしの)町と合併し、大崎上島町となる。木江の地名は、大崎上島町内の旧木江町地区に一部残る。旧木江町地区は、芸予(げいよ)諸島の大崎上島の南東部を占める。北東部の天然の良港である木江港を中心とした港町として栄え、とくに明治期に入って機帆船の出入りで繁栄した。現在も竹原市や愛媛県今治(いまばり)市へフェリーボートが通う。造船業が盛んであるが、木造船から鋼船に転換している。階段状に耕された山地ではミカンの栽培が行われる。島の最高峰の神峰(かんのみね)山(453メートル)は瀬戸内海国立公園に含まれ、眺望がすばらしい。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android