コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木江 きのえ

2件 の用語解説(木江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木江
きのえ

広島県南部,大崎上島の南部地区。旧町名。 1920年町制。 1955年大崎南村と合体。 2003年大崎町,東野町と合併し大崎上島町となった。中心集落の木江は,瀬戸内海潮待ち港として商業機能をもつ一方,木造船の製造も盛んになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木江
きのえ

広島県南部、豊田(とよた)郡にあった旧町名(木江町(ちょう))。現在は豊田郡大崎上島(おおさきかみじま)町の一地区。1920年(大正9)町制施行。1955年(昭和30)大崎南村と合併。2003年(平成15)大崎町、東野(ひがしの)町と合併し、大崎上島町となる。木江の地名は、大崎上島町内の旧木江町地区に一部残る。旧木江町地区は、芸予(げいよ)諸島の大崎上島の南東部を占める。北東部の天然の良港である木江港を中心とした港町として栄え、とくに明治期に入って機帆船の出入りで繁栄した。現在も竹原市や愛媛県今治(いまばり)市へフェリーボートが通う。造船業が盛んであるが、木造船から鋼船に転換している。階段状に耕された山地ではミカンの栽培が行われる。島の最高峰の神峰(かんのみね)山(453メートル)は瀬戸内海国立公園に含まれ、眺望がすばらしい。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木江の関連キーワード広島県豊田郡大崎上島町明石広島県豊田郡大崎上島町大串大崎〈町〉広島県豊田郡大崎上島町沖浦広島県豊田郡大崎上島町木江木江〈町〉広島県豊田郡広島県豊田郡大崎上島町中野広島県豊田郡大崎上島町原田広島県豊田郡大崎上島町東野

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木江の関連情報