巡邏(読み)ジュンラ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐ら【巡×邏】

[名](スル)
見回って警戒すること。見回り。「暮れの町を巡邏する」
江戸末期、江戸市中を巡回警備した役人邏卒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんら【巡邏】

( 名 ) スル
警備のため見まわって歩くこと。また、その人。 「市中を-する」
江戸末期、江戸市中をまわり、警備した役人。邏卒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐ら【巡邏】

〘名〙
① 巡回・警備すること。警戒のために見まわること。見まわり。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)六・峩山松蕈歌「竟夜槌鼓防獣暴、昼間巡邏護狗盗」 〔元史‐成宗紀〕
② 江戸末期、江戸市中を警固するために見まわった役人。また、その任務。文久三年(一八六三)に幕府がその方法、区画を定め、番士にこれを命じ元治元年(一八六四)巡回を開始。明治七年(一八七四)巡査と改称。邏卒(らそつ)
※幕末御触書集成‐九六・文久三年(1863)九月二一日「巡当番之儀、惣人数申合、一昼夜充に交代可致候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android