ちんちん電車(読み)チンチンデンシャ

大辞林 第三版の解説

ちんちんでんしゃ【ちんちん電車】

〔「ちんちん」は、車掌と運転手との間にあって、合図のためにひもを引いて鳴らした鐘の音〕
市街地を走る路面電車の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちんちん‐でんしゃ【ちんちん電車】

〘名〙 (「ちんちん」は、車掌と運転手との間の合図に、紐を引いて鳴らす鐘の音。また、運転手が線路上の通行人に警告するために足もとのペダルを踏んでも鳴らした) 市街地を走る路面電車の称。葛原しげる作詞の唱歌「電車」(一九一六)の「チンチン 電車が動き出す ゴウゴウ 町の真中を」で、休止をおかずに歌われたところから生じた一種の愛称。
※阿房列車(1952)〈内田百〉区間阿房列車「チンチンゴウと走るチンチン電車の事である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちんちん電車の関連情報