コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つわる ツワル

デジタル大辞泉の解説

つわ・る〔つはる〕

[動ラ四]
芽が出る。芽ぐむ。きざす。
「木の葉の落つるも…下よりきざし―・るに堪へずして落つるなり」〈徒然・一五五〉
妊娠してつわりが起こる。
「いつしかと―・り給へば」〈落窪・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

つわるの関連キーワード恋愛専科 アメリカ式愛のテクニック番線~本にまつわるエトセトラ~和歌山県西牟婁郡すさみ町江住本のお口よごしですが日本語ぽこりぽこりボロブドゥール遺跡横倉山県立自然公園コインロッカー物語PH ノートブックPH メモパッドダークツーリズム葬送の仕事師たち当麻曼荼羅縁起食は広州に在りおかあさんの扉俊寛僧都島物語信貴山縁起絵巻パルジファル無常といふ事鈴鹿馬子唄

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android