てえれば

精選版 日本国語大辞典「てえれば」の解説

てえれ‐ば てへれ‥

接続〙 (「と言えれ」の変化したもの) 先行事柄を受け、その結果、後続の事柄が生じたことを示す。漢訓読系の文や古文書に用いられる。というわけで。よって。されば。ていれば。→てえり
※芸大本平家(13C前)四「一方闕けんにおいては、いかでかそのなげきなからんや。てへればことに合力をいたして、当寺の破滅をたすけられ」
[語誌](1)「といへり」が「てへり」となったのと同じように、「といへれば」が「てへれば」となった。仮名文では、「といへば」となる。
(2)中世の古辞書などでは多く「ていれば」となっており、「文明本節用集」に「者 テイレバ 此事治定之義也」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「てえれば」の解説

てえれ‐ば[接]

[接]《「とい(言)えれば」の音変化。古文書や漢文訓読系の文章に用いられる》というわけで。以上の次第で。さて。
「一方闕(か)けんにおいては、いかでかその嘆きなからんや、―ことに合力(かふりょく)いたして」〈平家・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android