合力(読み)ごうりき(英語表記)Arbeitshäufung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合力
ごうりき
Arbeitshäufung

共同労働の一形態。一つの仕事をする場合に多くの労働者同種の労働をすること。大きな荷物,道具の積出し狩猟の場合などがこれにあたる。

合力
ごうりょく
resultant force

同時に作用する2つ以上のベクトル的に合成して得られ,同等な効果をもつ1つの力。 (→力の合成 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごう‐りき〔ガフ‐〕【合力】

[名](スル)
力を貸すこと。助力すること。
「かくばかり見えすいた徒労に―するものは、一人もなかった」〈菊池寛恩讐の彼方に
金銭や物品を与えて助けること。
「一銭二銭の―を願っていましたが」〈有島・片輪者〉

こう‐りょく〔カフ‐〕【合力】

《「ごうりょく」とも》「ごうりき(合力)」に同じ。

ごう‐りょく〔ガフ‐〕【合力】

[名](スル)
力学で、物体に二つ以上の力が作用するとき、それらの力と効果が等しい一つの力。合成力。⇔分力
ごうりき(合力)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

合力【ごうりょく】

二つ以上の力と全く効果の等しい一つの力。前者から後者を見出すことを〈力の合成〉という。1点に働く2力の合力は,2力を表すベクトルを2辺とする平行四辺形の対角線で表される(力の平行四辺形の法則)。→分力

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ごうりき【合力】

( 名 ) スル
〔「ごうりょく」 「こうりょく」とも〕
力を貸して助けること。力添え。 「友人の事業に-する」
金銭や物品を恵み与えること。 「一少年が落魄して-を求むるに会ひ候/思出の記 蘆花

こうりょく【合力】

〔「ごうりょく」とも〕
ごうりき(合力)」に同じ。 「米粟数百万石の-を請け/浄瑠璃・国性爺合戦」

ごうりょく【合力】

( 名 ) スル
ごうりき(合力)」に同じ。 「貴処あなた方から金の-は受けません/社会百面相 魯庵」 「同志を得、共に-して/妾の半生涯 英子
〘物〙 一つの物体に同時に働く二つ以上の力と効果が等しい一つの力。合成力。 ⇔ 分力

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごう‐りき ガフ‥【合力】

〘名〙
① (━する) 力を合わせて助けること。力添えをすること。こうりょく。
思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉巻外「育英学舎の俊秀なる当年の一少年が落魄して合力(ガフリキ)を求むるに会ひ候」
② (━する) 金銭、物品を与えて助けること。こうりょく。
※玉塵抄(1563)三一「貧なほどに范が合力(がふりキ)に物をやったぞ」

こう‐りょく カフ‥【合力】

〘名〙 (「こう」は「合」の漢音。「ごうりょく」とも)
① (━する) 他人が何かするのに力を貸して、援助・協力すること。助勢すること。加勢。ごうりき。
※将門記(940頃か)「只、羽翔(うしゃう)の用に資(よ)る也。羨(ねがは)くは合力を被り、将門の乱悪を鎮めむ」
※中右記‐嘉承元年(1106)四月二九日「参六条院、故郁芳門院女房、是同心合力書写五部大乗経供養
② (━する) ある力に別の力が加わること。二つ以上の働きが合わさること。→ごうりょく
※五音三曲集(1460)「きばにていふ字を、くちびる、したなど合力すれば、してきたなくきこゆるなり」
③ (━する) 金銭、物品を与えて援助すること。扶助。ごうりき。
※蔭凉軒日録‐寛正四年(1463)正月二九日「為法界合力、公方段銭并闕所可寄之事伺之」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「父より二十金を与へられしのみにて、その他つひに扶給(〈注〉カウリョク)を受しことなし」
④ 運賃積廻船の海難による損害を、荷主ら関係者が分担する共同海損のこと。近世海運業での仲間法の一つで、損害の全額を分担する素合力と、半額を分担する半減合力との二つがあり、海難状況に応じて適宜処理されたが、菱垣・樽廻船をはじめ海難の多い近世海運では重要な慣習法であった。振合力。荷打合力。
※樽船海難私法記(1775)「空船台なし破損之時は、重き合力致遣可申事、其余は可為見斗事」

ごう‐りょく ガフ‥【合力】

〘名〙
② 力学で、二つ以上の力のベクトルを、合成によって一つの力のベクトルにまとめたもの。合成力

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の合力の言及

【堪忍分】より

…堪忍とは食糧,生計の資,ひいては〈生計を保つ〉という意である。堪忍分には,将軍の息女に与えられる化粧料,大名が客分の士や討死した家臣の遺族に与える捨扶持(すてぶち),合力(ごうりよく)などのほかに,改易された大名に幕府が与える場合があった。1619年(元和5)改易された福島正則に与えられた信濃川中島4万5000石,32年(寛永9)改易の加藤忠広に与えられた出羽丸岡1万石,40年改易の生駒高俊に与えられた出羽矢島1万石などが,その例である。…

※「合力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合力の関連情報