でこまわすで

日本大百科全書(ニッポニカ)「でこまわすで」の解説

でこまわすで

徳島県特産のサトイモを用いる郷土料理で、「でこまわし」ともいう。でこは木偶(でく)の転化(てんか)、阿波(あわ)人形のことで、(くし)に刺して焼いた芋が熱いのでふうふう吹きながら串を回して食べるようすが、人形を踊らせるのに似ているのでこの名がつけられたという。サトイモを蒸してから竹串に刺しいろりに立てて焼き、味つけしたみそ(焼きみそ)をつけて食べる。この料理は旅館や料理店にもあるが、各家庭でもつくっている。

多田鉄之助

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android