コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

でこまわし

世界大百科事典 第2版の解説

でこまわし

人形遣いの一種で,胸に箱をつり,その中の人形をまわしてみせる門付(かどづけ)の祝福芸能者。木偶(でく)回し,箱まわし,山猫まわし,首掛人形などとも称する。室町時代末期には夷舁き(えびすかき)と呼ばれる場合が多く,主要芸能は人形による猿楽能や夷舞であったが,その遣う人形をデクノボウ,でくる坊,どうこの坊などと呼んだことから,江戸時代には〈でこまわし〉〈木偶回し〉と俗称された。本来2人一組で春の町を門付して歩き,1人が3体ぐらいの人形を遣う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

でこまわし

徳島県の郷土料理サトイモの味噌田楽。串を回しながら焼く様子が阿波人形浄瑠璃の「でこ(人形)」を連想させることから、こう呼ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

でこまわしの関連キーワードでこまわすで人形遣い徳島県

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

でこまわしの関連情報