コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とな トナ

デジタル大辞泉の解説

と‐な

[連語]《格助詞「と」+終助詞「な」》(多く文末に用いて)確かめる気持ちで相手に問い返す意を表す。…というのだな。
「すりゃ、それにひかへし雅近初め、並び居る者の首を打て―」〈伎・

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とな

( 連語 )
〔格助詞「と」に終助詞「な」の付いたもの〕 (文末にあって)他から聞いた話に念を押す意を表す。…というのだね。 「あべの大臣、火ねずみの皮衣もていまして、かぐや姫にすみ給ふ-/竹取」 「半兵衛めは遠州へうせて留主の内-/浄瑠璃・宵庚申
〔格助詞「と」に間投助詞「な」の付いたもの〕 (文中にあって)「と」で受ける語句に軽い強調の意を添える。 「私はさ、其のほのぼの-、いたした所がよからうと存じて/滑稽本・素人狂言紋切形」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

となの関連キーワードメンフィス・グリズリーズ白斑病(シロクローバ)脳内ポイズンベリー失恋ショコラティエ倶利伽羅県定公園ブクステフーデ伊毘志都幣命放課後保健室最期の十念曽我・曾我今は斯う里馴れるサワード荒らげる一口同音掻き落す『浮雲』えいえい尾ろの鏡夫唱婦随

となの関連情報