コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とな トナ

2件 の用語解説(となの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

と‐な

[連語]《格助詞「と」+終助詞「な」》(多く文末に用いて)確かめる気持ちで相手に問い返す意を表す。…というのだな。
「すりゃ、それにひかへし雅近初め、並び居る者の首を打て―」〈伎・

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とな

( 連語 )
〔格助詞「と」に終助詞「な」の付いたもの〕 (文末にあって)他から聞いた話に念を押す意を表す。…というのだね。 「あべの大臣、火ねずみの皮衣もていまして、かぐや姫にすみ給ふ-/竹取」 「半兵衛めは遠州へうせて留主の内-/浄瑠璃・宵庚申
〔格助詞「と」に間投助詞「な」の付いたもの〕 (文中にあって)「と」で受ける語句に軽い強調の意を添える。 「私はさ、其のほのぼの-、いたした所がよからうと存じて/滑稽本・素人狂言紋切形」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

となの関連キーワードいな格助詞終助詞てなとしとのなあわいなしがなてしがな

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

となの関連情報