コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しばらく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しばらく

歌舞伎狂言。1幕。歌舞伎十八番の一つ。元禄5 (1692) 年,1世市川団十郎が初演,同 10年の『参会名護屋』で現今のような演出ができあがったという。以後江戸時代を通じて,11月の顔見世興行には必ず上演されてきた。悪人方の公卿が,弱々しい善人方の首を討とうとする。そのとき「しばらく」と声をかけて荒武者が登場,花道で「つらね」 (→連事 ) という長々としたせりふを述べ,舞台へ来て大太刀を抜き,雑兵らの首を一度に切落す。あと大太刀を肩に花道を引揚げるという筋である。主人公は車鬢 (くるまびん) のかつらに,筋隈 (すじくま) という化粧,素袍 (すおう) に太いたすきという様式性の強い扮装が特色。市川家の荒事の代表的演目の一つ。女方が演じる『女暫』もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ざん【暫】[漢字項目]

常用漢字] [音]ザン(呉) [訓]しばらく しばし
わずかの間。しばらく。「暫時暫定

しば【暫】

[副]しばらく。
「―させ給へと呼ばはったり」〈浄・先代萩

しばらく【暫】

歌舞伎十八番の一。荒事(あらごと)の代表的演目。元禄10年(1697)江戸中村座の「参会名護屋」で初世市川団十郎が初演。毎年の顔見世狂言に使われた趣向で、明治以後に一幕物として独立した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

暫【しばらく】

歌舞伎十八番の一つ。元禄時代初世市川團十郎が初演,のち毎年顔見世狂言の1幕として繰り返し上演され,今日の定型ができた。狂言の標題は年によって異なり,主人公の役名も変わるが,今日では鎌倉権五郎景政として上演されることが多い。
→関連項目つらね

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しばらく【暫】

歌舞伎狂言。時代物。1幕。初世市川団十郎初演の演目の一部に〈しばらく,しばらく〉と声をかけて登場し,悪人を追い散らす場面があった。初演は1692年(元禄5)正月江戸森田座の《大福帳朝比奈百物語》というが,現存の狂言本で,その内容をつかめるのは97年の《参会名護屋》まで下る。2世団十郎もこの荒事の場面を踏襲し,以来11月顔見世狂言の三建目(序幕)に不可欠のものとなった。歌舞伎十八番の一つに加えられたときから《暫》の俗称が狂言外題として定着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しばらく【暫】

歌舞伎十八番の一。1697年江戸中村座の「参会名護屋」中で初世市川団十郎が初演。悪人が善人方を虐げているところに、荒事役の主人公が「暫く」と声をかけて現れ、悪人をこらしめる趣向が基本。毎年の顔見世狂言で上演ごとに筋や「つらね」を新作した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しばらく

歌舞伎(かぶき)劇。時代物。1幕。「歌舞伎十八番」の一つ。公卿(くげ)の悪人が家来に命じて善人たちを殺そうとするとき、超人的な豪傑の主人公が「しばらく」と大声かけて登場、悪人どもを翻弄(ほんろう)して善人たちを救う。主人公は角前髪(すみまえがみ)の鬘(かつら)に紅の筋隈(すじくま)、柿(かき)色の長素袍(ながすおう)、大太刀(おおたち)という扮装(ふんそう)で、花道で「つらね」とよぶ祝言的な長台詞(ながぜりふ)を述べるのをはじめ、終始「荒事(あらごと)」の典型をみせる。敵役(かたきやく)の中心は公卿悪(くげあく)といわれる役柄で、通称「ウケ」、手下の家来たちは大きく腹を出した扮装なので、俗に「腹出し」または「中(なか)ウケ」、斬(き)られそうになる善人側の若殿・姫・家老らは「太刀下(たちした)」とそれぞれよばれ、その他の登場人物も役柄はほぼ定まっている。主役が「しばらく」と声をかけて登場するのが印象的で、役と演出様式、さらには場面の通称として定着したもの。その最初は初世市川団十郎が1692年(元禄5)に演じた『大福帳朝比奈百物語(だいふくちょうあさひなひゃくものがたり)』といわれるが、現存の狂言本で内容がつかめるのは1697年の『参会名護屋(さんかいなごや)』。この様式は2世団十郎も踏襲、以来市川家の家の芸となり、毎年11月の顔見世狂言の一番目三建目(みたてめ)(序幕)にかならず入れられ、台本はそのつど新作されたが、大筋は決まったものとして後世に伝わった。明治以後は独立した一幕として上演され、1895年(明治28)9世団十郎が演じたとき、現在の脚本の定型が完成、近年は役名も主役が鎌倉権五郎景政(かまくらごんごろうかげまさ)、ウケが清原武衡(きよはらのたけひら)とほぼ決まっている。なお、変型として、女方(おんながた)が演じる『女暫』があるが、これは1746年(延享3)嵐小六(あらしころく)によって始められた。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

暫の関連キーワード市川 団右衛門(2代目)初級革命講座 飛竜伝投げ込み・投込み中島三甫右衛門赤塗り・赤塗奈古屋大原せりふ尽し支へ小支へ久保佐四郎小暮 政次御摂勧進帳えいえい声歌舞伎狂言小田原評定袖岡庄太郎時刻を移す小暮政次歌川国政御親文字竹光桂子

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暫の関連情報